オートオークションの役割

中古の車の流通になくてはならない存在に、オートオークションというものがあります。
中古車オークション代行会社の出現により、身近になってきた言葉なので知っている人も多いのではでないでしょうか。
オートオークションの役割が分かれば、愛車の売却にも多少役に立つかもしれません。

オートオークションは、一般のオークションと同様に出品者と落札者を繋ぐ役割があります。
ただ、出品者は業者に限られており、古物商の資格を保有し、一定の営業経験があるなどの条件をクリアした者が参加します。
加えて、出品する車もオークション会場の基準に基づき、修復歴の有無・走行距離の改ざんなどを厳しくチェックしています。

つまり、オートオークションは、ディーラーや中古車販売店などが参加する車の卸売り市場といえます。
そのため、オートオークションを開催する企業は、出品される車を客観的に評価し、商品内容を明確にすると役割があります。
加えて、取引で発生したトラブルも解決するとう役割も担っています。

オークション代行会社のおかげで、個人でも代行会社を通して出品することもできるようになりました。
ディーラーなどでは値が付かなかったものが、オークションで値が付き売却できるということも多いようです。
オークションの信用性は、中古車流通の上では重要な役割があるといえます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。