ローンの残っている中古車を売却する方法

ローンを組んでクルマ購入する人は、意外と多いのではないでしょうか。
けれども、様々な事情によって、クルマを売りに出す必要性がある場合もあります。
そのような時、心配になるのが、ローン中の中古車が売却できるかどうかです。

ローン中のクルマの所有権は、大概、ディーラーや信販会社にあります。
原則、クルマを売却するためには、ローンを完済し、所有権を自分名義に変更しておかなければいけません。
しかし、実際は、ローンが残っていても中古車を売却することはできます。
ローン残高によって、その方法は2つに分けられます。

まず、所有権の名義人にクルマを売却しても良いかの許可をとることから手続きは、始まります。
売却しても良いということになれば、クルマの査定を行ってもらいます。
その結果、買取額よりもローン残高が少ない場合は、買取額からローン残高を差し引いた額で、売却することができます。
一方、ローン残高が買取額よりも多い場合、ローンの組み換えを行い完済することで、所有権解除の手続きが可能となり、所有権が自分へ移るため、売却ができるようになります。

このようにローンが残っていても中古車を売却する方法はあります。
ほとんどの買取り業者では、ローンの組み換えや所有権の移動についての相談を受けてくれます。
売却を考えているのなら、査定時に相談してみると良いかもしれません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。