中古車の売却時に注意が必要な自動車税

クルマを維持するために、自動車税や自動車重量税を納めます。
中古車を売却した場合、気になるのが、納めた税金は一体どうなるのかということです。
買取業者に売却後、未経過分の税金が戻ってきて欲しいと思うは、多いのではないでしょうか。

自動車税は、毎年4月1日の時点で、クルマを所有している人に対して、納税義務が発生します。
そのため、4月から翌年3月までの一年分の税金を納付します。
一方、自動車重量税は、車検時などにクルマの重量に応じて課税される税金です。
したがって、中古車を売却する際に関係が深いのは、自動車税となります。

年度途中でクルマを売却した場合、翌年3月までの自動車税は、既に自分が支払っています。
他方、新規の所有者である買取業者には、納める必要がありません。
けれど、ここで多くの人が疑問に思うのが、買取業者が新たなクルマの所有者なのだから、3月分までの税金は業者が納めるべきではないのかということです。
そこで、業者は、国に税金を納める代わりに、中古車を売却した人へ自動車税を月割り計算した額を支払います。

しかし、実際には、査定金額の中に加算されていることが多いようです。
売却の際には、自動車税の返金について業者に確認することが大切となります。
また、最終的には、売買契約書の中に、自動車税に関しても明記されているので、注意が必要です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。