中古車を個人売買するメリット

中古車を売買は、主に中古車販売店やオークションで取引が行われます。
加えて、売り手にとっても買い手にとってもメリットが大きい中古車の売買方法に、個人売買があります。
個人売買のメリットを知っておくと、得になることも多くなるかもしれません。

市場に出回っている車の中には、外車や旧車など希少性のある車があります。
マニアが見れば、喉から手が出るほど欲しい車でも、ディーラーや買取専門店に持ち込んでも買取ってもらえないことがあります。
ところが、個人売買では、マニアックな車でも、その価値を理解しているユーザー同士が取引するので、売買取引が成立しやすいというメリットがあります。

個人売買では、中間マージンが発生しないことや、消費税の課税がありません。
そのため、売り手は、中間マージンや消費税分を価格に反映させ、高く売却することが可能です。
一方、買い手も、販売店で購入するよりも低価格で、好みの車を購入できるメリットがあります。

愛車を売却したいと考えていたけれど、なかなか買い取ってもらえなくて困っていた人も、欲しい車がなかなか見つからなかった人も、個人売買という方法を視野に入れて見ると良いのではないでしょうか。
お互いに納得のいく取引ができるかもしれません。
また、個人売買をきっかけに新たなコミュニケーションネットワークが広がるかもしれません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。